続☆メンデルスゾーンのはなうた

アマチュアvn弾きの雑記。ピアノと水泳も。

車運転時に聴きたい最近のお気に


VIXX - Shangri-La(Remix ver), 빅스 - 도원경(리믹스ver) @2017 MBC Music Festival


빅스 (VIXX) - 도원경(桃源境) (Shangri-La) Official M/V

 

扇子がいいやねー↑ハイトーンもヴィジュアルもダンスも綺麗。

 

激戦のK-popアイドルグループ 他(グループ)とは、変わったことを打ち出していかないと生き残っていけないんだろうね、にしても、あったりまえのように、全員を180以上で、「ビシッ」と揃えてくるところに感心する。某Jニーズとは、コンセプトが異なる。


[STAR ZOOM IN] VIXX - On And On(Vampire) ★Halloween★ 151030 EP.38

ホラー映画の初心者にこそお薦めしたい新CHILD PLAY

f:id:nino41:20190720181450j:plain

 

耳から離れないCHUCKYの哀しくも怖ろしい↓歌声(意訳)

♫ アイ アム ヨウァ バディ~ アンティル アイ ダァイ~♫

 

CHUCKYの「愛」が!! 重いぃぃぃぃぃぃ!!

 

今日の午後、先週に続き、父の嚥下障害専門クリニックに同行。先週とは別の検査を受ける様子を画像で観察し、医師より説明を受けた。

 

いったん、父と帰宅してから、夕方から娘と↑映画を観に行った。もちろん、CHUCKY ↓Tシャツを着て!(悪趣味の極みのせいだろうか。映画館で「がん見」されたよ。)

f:id:nino41:20190715162544j:plain

 

この日までに、過去全7作品(全てD・マンシーニ監督)をDVDで観賞。今回の新作(第8作)では、監督が交代。《IT イット》の制作陣と娘から聞いていたので、結構、期待して観に行った。

 

で、観終えてみると、この第8作、D・マンシーニ監督の第1作を見事に「リスペクト&オマージュ」しており、かつ、期待以上の傑作になっていて、私も娘も大満足!!

 

ネタバレしたくてたまらない(笑)CHUCKYの「殺しのテンポ」は以前に比べると、SLOWになっているけど、いったん「コト」が始まると、そりゃ残虐非道。

観ていて「心拍数」が確実に上がっていくのが感じられた。そして映画中盤以降、ストーリーは、たたみ掛けるように、展開ドバドバーーー!ラストに向かて一気にテンポアップして疾走。見事だった。

 

少しだけ言及すると、第7作までは、「ブードゥー教の呪文で魂の交換」という、 ちょっと「非科学的」で笑える、「カルト」の入り混じったつくりだったのが、今作からのCHUCKYには、話題の「AI」が組み込まれており、その「AI」を悪い方向に学習したCHUCKYが、誰も予測のつかない凶暴人形化していくのが見どころ。

今作のなかで、「自動運転の車」や「ドローン」が、巧みに、かつ、皮肉な意味で使われていたことに、いたく感心した次第。

 

現代の、AIに対する世界の過剰な期待感に、「釘をさす」ような作品になっているのが見事というか、この監督の「腕」なんだろうね。

 

主役の少年をはじめ、彼を取り巻く子供たちの姿に、《IT イット》の雰囲気が程よくブレンドされていた。映画館に出向いて正解だった。観る前は買わないつもりだったパンフをゲットしに売店にいくと、なんということでしょう・・・・・・売り子のおねぃさんが言うことにゃ、

 

「この映画のパンフは、もともと発売されていません。」

 

な、、、なにぃぃぃぃぃっ!!んなバカなことがあっていいの?これって、傑作じゃん?娘も《It イット》の時は、パンフ売ってたよ、って言ってるよ?なんで?ちなみに、物販もなし。(Tストーリーと、日本大作アニメの物販は盛りだくさん。ああ、CHUCKYのキーホルダーとか、欲しかったなー(シクシク・・・)

 

同じ時、同じ人形映画でも180℃方向性の異なる「Tストーリ」、日本アニメ大作を観に行く人たちが多かったようです。それはしごく当然のことと思われます。今日、この映画館に、CHUCKYを観にくる観客の数は、それほど多くなかった様子。

 

しかーし!ですね、CHILD PLAYの今回新作は、ホラーに今まで関心が向かなかった人たちに「こそ」、ぜひ観てきてもらいたい!と敢えてお薦めしてみる。

ドキドキ心拍&肝心の(殺人)場面では、残虐非道すぎて目を閉じて(続きを脳内想像)してしまう^^;R15伊達じゃないス。

 

映画館で観る時は、後方座席で観るのが心臓に優しいかとちなみに、私と娘は最後列でした。

 

 (要注 ある種動物への虐待表現があります。)

 

久しぶりにクラシック演奏会のチケットをとった。

先週、日帰り手術を受けた夫。本日、抜糸と医師からの説明に同席。経過良好で、今後は、3か月、半年後、、、と経過観察となり、ホッと気持ち一安心。 

 

それで、随分久しぶりに、以前から「聴きに行きたいなぁ。」と思っていた、演奏会のチケットをとった。この二か月間、父のことと、夫のことが重なってしまい、しばらく様子をみている間に、お安い座席はすでに完売(泣)でも、まぁ、そんなにバカ高くない、ほどよいお値段の席がとれた。

 

どの演奏会かって?

 

サロネン指揮 フィルハーモニア の マーラー9番

 

です!!!

 

マーラー交響曲のなかで、私が最も好きなのは、今も変わらず9番!(次6番、2番、、と続いていく。)と言うこともあるけれど、、何と言っても、2年くらい前に、同じ↑組み合わせの演奏会(オペラシティだったか)で体験した、マーラー6番《悲劇的》が、とても「強烈」で素晴らしくて、未だにあの時の「音」の余韻と、指揮するサロネンの後ろ姿が忘れられない。サロネン指揮で、あのマラ9番、ぜひ聴いてみたい。

 

今年の12月は、夫と30年ぶりのU2ライブもある。今年後半から来年早々にかけて、楽しみができたので、これを目標に日々を、乗り越えていきまっしょい!

 

来週着てこ

《IT イット》を観た娘からのお誘いを受け、来週、新作(←第8作は監督変わった。心機一転か。《IT イット》の制作陣。良いと思う。)を、映画館に観に行くことになった。ジぃユぅで¥790 CHUCKY Tシャツ。当日着てこ(笑)これ↓でも、かなり、「おとなしめ」なデザインのほう。ハサミ持って過激なほうのCHUCKY Tシャツは選ばず。

f:id:nino41:20190715162544j:plain

 

 

水着ポチる。

 現在、練習で着用している2枚のうちの1枚、後ろの腰の部分の生地が、塩素で薄くなり破け気味になったので、新しい水着を2枚ポチった。タイプの異なるものにしてみた。水着は1年もてばかなり長いほう。半年~1年で生地がやられる。試合にも出られる↓認証マークつきのもの。

 

 スパッツ部分が短い↓タイプのものは初めて。練習用。

 

 雨の休日。DVD↓で研究したり。

DVDで記録を伸ばす! 競泳 最強のコツ50 改訂版 (コツがわかる本!)

DVDで記録を伸ばす! 競泳 最強のコツ50 改訂版 (コツがわかる本!)

 

 

 こちら↓も読んでみたり。水泳って、技術だよね・・・日頃の練習を本気でやる積み重ね。

4泳法がきれいに泳げるようになる!

4泳法がきれいに泳げるようになる!

 

 

 

怒涛の病院Week

今週は怒涛の病院通いWeekだった。

8日 父の総合病院付き添い(循環器内科 この病院で、父は他にも呼吸器内科と総合内科も受診している)

10日 父の整骨院送迎+隣町歯科への送迎

11日 夫日帰り手術の付き添い(とてもとても痛そうだった)

12日 自分の甲状腺腫エコー検査(次回は来年でOKになった^^v)

13日 父の嚥下障害専門クリニック(歯科&口腔外科)付き添い

 

自分も含めた家族の病院関連事で、気の休まらない一週間だった。

 

父は二年ほど前から、嚥下障害が度々みられ、今では食事のたびに「むせ」と「咳き込み」が酷く、一回の食事に2時間かかるようになってしまった。食欲はあっても、思うように呑みこめず、疲れてしまうので、一日2食になってしまった。当然、体重もダウン↓。

 

今日行った嚥下障害専門クリニックは、相談した地域の包括センター担当者に勧めていただいた。高齢者と障害者専用の歯科&口腔外科。電車で2、30分離れたところにあり、私自身、電車に(父のための)車イスを持ち込むのは初体験だったので、とても神経を使った。帰宅後は、さすがに、ぐったりと疲れた。

 

父は倒れる前に比べて、足腰の筋力が衰えた。全く歩けないわけではないが、杖を使うようになった。電車の乗り降りは、今のところ歩いてできる。なので、車イスは、優先席に座れなかった時のためと、長い距離歩かなくて済むようにという、予備的なものとして持参した。

 

今日、出かける前、(車イスをレンタルする時も)父は、

「車イスなんていらない。」

と言っていたが、結果的には、非常に役立った。

「目的地に辿りつくまでに、体力を使い果たしてしまったら、元も子もないから。」

と納得させた。

 

嚥下障害のクリニックでは、耳鼻咽喉科で使うような、細い管になったカメラを、鼻の穴から入れ、「とろみ」と「色」をつけた水やゼリーを飲み込んだ時の、喉、舌、気管と食道周辺筋肉の動きを、写しだされる画面で確認した。次回はレントゲンも撮り、その結果に従い、栄養指導(管理)と嚥下訓練などが始まる。

 

夫の日帰り手術と重なったので、さすがにバイオリンのレッスンは、休ませていただいたが、スイミングは近所なので、合間を縫って泳いだ。泳ぎに行く前は、

 

「疲れているから今日は無理かも。。。」←疲れているのは、身体よりも、むしろ、気持ちだったりする。

 

などと、後ろ向きな気持ちで出かけたが、いざ、クラブに到着して、プールに入り、コーチや泳ぎ仲間と時間を過ごしているうちに、プール外での出来事は、キレイさっぱりと忘れて、泳ぐことに集中。今週もまた1コメ(100m個メドレ)を泳いだ。タイムとターンはまだまだだが、一応、途切れることなく、自分なりに泳ぎ切ることができるようになり、とても嬉しい。精神的にも、身体的にも、すっきりと整い、帰宅できた。あまり、無駄なことは考え(られ)なくなるし、睡魔に身を委ねた。 気持ち(気分)の疲れは、運動の疲れで消す。

 

問題は、月末、遠くの大学病院で自分の親不知を抜く手術だなぁ。。。。。。すんごく憂鬱で嫌すぎる。少なくとも、その週は泳げないだろうし(泣)

 

病院通いWeekは来週も続く。

癖になるCHUCKY

 《誰にも忘れられない誕生日がある》←劇場公開時コピー

 

 昨夜↑BSで放送されていたのを、ついうっかり最後まで観てしまった。

今月シリーズの最新作が上映されるそう。あの《It イット》の制作陣で。怖いですねー、怖いですねー!昨晩、初めてみたら、あまりのチャッキーの極悪非道っぷり+スピード展開+ストーリーの単純さに笑ってしまうほどの「傑作」だった。チャッキーが、黒こげになりながらも、ナイフを手に、じりじりとアンディーににじり寄ってくる「しつこさ」怖すぎ。でも笑える。凶暴すぎる姿が、逆に笑えるほどだ。チャッキーが完全に《シャイニング》のJ・ニコルソンと被って見えた(笑)THE AMERICAN HORROR 全開!って感じ。

 

チャッキーは癖になる↓ 第4作まではレンタルで観てしまった!4作目から作風に変化が!4作目ラストが、非常に悪趣味。んでもって、グロエグ。思わずのけぞった。すんごい終わりかたした^^;

 

《アンディ、会いたかったぜ》↓

 

 

 《逃げても、逃げても、チャッキーから逃れられない・・・》↓

 

 《チャッキー、電撃入籍!》←笑

 

一気に観賞したので 「チャッキー疲れ」になるも、負けずに、残り3本も観る予定↓

1作ごとに、チャッキーの顏がどんどん悪い表情になっていく。どうしてもJニコルソンに見えて仕方ない。

 

《帰ってきたぜ!ベイビー!》↓