続☆メンデルスゾーンのはなうた

アマチュアvn弾きの雑記。ピアノと水泳も。

母の命日でした。

今日は、平成27年に亡くなった母の命日だったので、午前中だけ在宅勤務の息子が、午後から会社に行くため自宅を出る時、一緒にお墓参りに行ってきた。

 

ちなみに、父は去年の9月5日に亡くなっている。父は、母が亡くなった4年後の同じ9月に亡くなった。

 

父が亡くなる2か月前の7月、私は、崖下で血だらけになって大怪我をしている母を、助けに駆け寄る悪夢を見て、絶叫して飛び起きた。

 

細かな描写はしないが、恐ろしい夢だった。

 

今から思うと、あの悪夢は、母が、

「もう、あの世で待てないから、父を連れていくよ。」

という予告の夢だったのかもしれない。いや、きっとそうだと、私は感じている。

 

それで、一週間前、再び母の夢を見た。

 

スーパーのレジの前で、母と私はカゴを持って並んでいて、たくさん買い物をした母が、その重さに耐えかねて、地面に倒れ込んだところを、私が助け起こした。

 

母の白目が赤く出血していたので、私は慌てて、近くに立ちすくんでいた父に向って、

「救急車を呼んで!早く!」

と叫んだところで目が覚めた。

 

でも、前回と異なり、恐怖感はあまり感じなかった。

そういえば、母の命日が近いから・・・・とぼんやり思った。

 

母が亡くなってから、今までに3回、夢にでてきたが、いつもこんな感じの夢で困る(苦笑)。

 

母は、60代半ばから、3回ほど、小脳梗塞やら、他の体調不良が原因で、よくトイレの中で調子を崩し、そのたび、私が駆けつけ、父に救急車を呼ぶよう指示したりしていたので、夢の中でも、同じようなことが起きているのだろうか。

 

たまには、母と楽しく談笑しているような、穏やかな良い夢がみたい。

 

何かを告げに、夢の中に現れていることは間違いないけど、ちょっと、シンドイなぁ(笑)

 

学生時代の友人たちのご両親は、父や母とそれほど年齢が変わらないのに、まだご健勝。モチロン、どちらかが亡くなられていることもあるけれど、同級生で両親二人ともいないのは、私だけ。

 

この5年間で、あっという間に、二人とも逝ってしまった。

50代前半で、この状況は、正直、想像していなかったけれど、やれることは全てやったと思うので、悔いはない。

 

自分自身のことを思えば、家族のことを第一に考え、病気にならないように気をつけて、身体が動く限りは、残りの人生、やり残して後悔することのないように、焦点を絞って楽しんで生きていければと思う。