続☆メンデルスゾーンのはなうた

アマチュアvn弾きの雑記。ピアノと水泳も。

Brahms vnソナタ1番 次回から2楽章

f:id:nino41:20200625163949j:plain

 

今日のレッスンで、1楽章は一旦区切り。次回レッスンから2楽章に入る。全楽章終えたら、1楽章をピアノと合わせることになりそうだ。

レッスンの最後に、2楽章最初の24小節までの、ボーイングをみていただいた。

 

音楽之友社から出ている作曲家◎人と作品シリーズ【ブラームスによれば、この2楽章最初の24小節に関して、以下の記述があるので引用。

 

シューマンの遺児フェーリクスが、重い病気を患っていることを知り、ブラームスは第二楽章最初の24小節を書き記し、その裏にフェーリクスの病気を気遣うとともに、クララの心情を慰める文面の手紙を書き送る。

第二楽章は、クララをいたわる気持ちがにじみ出た音楽である。❞

 

このことを知って練習するのと、何も知らずにただ練習するのとでは、感じ方がずいぶん違ってくるはず。大事な楽章。

 

昨日、自宅で1楽章をyoutubeに↓合わせて弾いてみた。

ヴァイオリンはピンカス・ズッカーマン。ピアノはバレンボイム

ピアノと合わせてみると、105-134小節の激しい感情の高ぶり、高揚感がくっきり明瞭に浮かび上がり、弾いていて、チョーっと、泣きそうになったり笑

さすがズッカーマン&バレンボイム。表現、大いに勉強になりました!

 

聴いてるだけだと、次第に飽きてきたりするけれど、いやぁ、、、レッスンを受けて、実際にyoutubeとはいえ、ピアノと合わせてみると、ピアノの旋律の美しさと相まって、本当に素晴らしい曲だなぁ、、と再認識させられる。


Brahms violin sonata op. 78 no. 1 in G major [1/3]

 

 

ブラームス (作曲家・人と作品シリーズ)

ブラームス (作曲家・人と作品シリーズ)

  • 作者:西原 稔
  • 発売日: 2006/06/01
  • メディア: 単行本