続☆メンデルスゾーンのはなうた

アマチュアvn弾きの雑記。ピアノと水泳も。

シーモアさんの著作、再び&ロメ・ジュリCD

f:id:nino41:20200523160813j:plain

 

早速、モーツアルトTシャツを着ていった、今日のvnレッスンの帰り、本屋と《レコード・ショップ》に立ち寄った。↑(Tシャツ、先生に誉められた)

 

何か月ぶりかで、オヤジさんのレコード・ショップに顔を出して、しばし、雑談。

探していたのは、PROKOFIEVのピアノ版《ロメ・ジュリ》のCD。

 

PROKOFIEVに関しては、完全に前のヴァイオリンの先生の影響を受けた。

ショスタコのほうが好きで、プロコのほうは、苦手意識と食わず嫌い(小学生の音楽の授業で聴いた、《ピーターとオオカミ》のイメージ)のため、なかなか手を出さずにいたが、レッスンでPROKOFIEVのvn協奏曲1楽章を弾いて、すっかり魅了されてしまった。

前のヴァイオリンの先生は、ロシアの先生にも師事していたので、ロシア音楽に精通していた

 

で、オヤジさんの言うことにや、

「ピアノで全10曲が入っているのは珍しい。」

らしく、オヤジさんが、しばらく、店の棚を探した後、持ってきてくれたのが、アシュケナージが弾いているCDだった。(帰宅後、早速、聴いている。)

 

「オケで演奏されているのも聴きたいから、どれがいいか選んでください。」

と頼むと、ゲルギエフマリインスキー劇場管弦楽団のCDを渡してくれた。

ロシアのバレエ音楽なら、やっぱ、この組み合わせっ!てことだろう。

Romeo & Juliet

Romeo & Juliet

 

 

本屋では、たまたま、何年か前に観て、深く感動し、今でも、心に残っているドキュメンタリー映画、 シーモアさんと大人のための人生入門》の、シーモアバーンスタイン氏の著書を見つけた。

シーモアさんの著作本を買うのは、これで、二冊目。

一冊目は、↓当時、映画を観た直後に、やはり同じ本屋で見つけた、 《心で弾くピアノ 音楽による自己発見》。

 

楽器を弾く者にとって、プロ、アマ関係なく、心に「響く」映画↓だと思った。

シーモアさんと、大人のための人生入門(字幕版)

シーモアさんと、大人のための人生入門(字幕版)

  • 発売日: 2017/05/26
  • メディア: Prime Video
 

 

 ピアノとヴァイオリンの違いはあっても、「音楽そのもの」に対する気持に違いはないはず。

心で弾くピアノ―音楽による自己発見
 

 

私は、ヴァイオリンを主軸に練習しているので、ピアノのことよりも、ヴァイオリンに関係する事々を、考えていることのほうが多いが、シーモアさんの映画と著作に関しては、ヴァイオリンとピアノの別はない、と思いながら読んだ(観た)。

音楽と音楽に対する情熱、音楽と共に歩んでいく人生の教えが「そこ」にあった。

 

 

 

 小学生の頃、《算数 自由自在》っていう参考書使って勉強してた(笑)自由自在シリーズってあった!(今も?)

これ↓テクニカル面の説明がわかりやすい。

ヴァイオリン自由自在

ヴァイオリン自由自在

  • 作者:西谷 国登
  • 発売日: 2019/03/25
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)