続☆メンデルスゾーンのはなうた

アマチュアvn弾きの雑記。ピアノと水泳も。

チユ・ジフンssiの作品を観賞+泳ぎまくる。

ピアノ発表会が終わった解放感か。

今週は、チユ・ジフンssiが出演している作品を、映画、TVドラマ、片っ端からレンタルしてきては観賞中。映画作品は、もう、ほぼ観てしまった。近く、いつもの如く、ざっくりした感想を記そう。

韓国映画を制覇した俳優」と言われているように、一作ごとに、作風も役柄も、まるで異なる演技で、熱量をヒシヒシと感じさせられる。

今トナッテハ、とてもこの人が、「かつてモデルだった」、ということが信じられないほどだ。

俳優としての進化が素晴らしく、勢いもあって、見ごたえがある。若い頃に比べ、外見もいい感じに年齢重ねてきて、まさに、今、「脂が乗っている」感じがする。

オールバックのスーツ姿など、モデル出身の体躯の見事さもあり、男性美が溢れ出て、目が眩みそうな見事さだ。

最新作《キングダム2》を、観たいがためだけに、思わずNetflixに入ってしまいそう・・・。

この短期間で、パク・シフssiの次に好きな俳優になった。

 

ところで、巷のスポーツ・ジムは今現在、閉館中なのに、私の通うスイミングは、施設が「水泳だけ」に特化していて、ジム施設がないためか、(小中学生のスイミングは学校と足並み揃えて休止になっているが、)大人のスイミングは活動中だ。

 

おとついのメニューは↓

 up 50×4

kick(板) 25m×8

クロールで↓

25m-50m-75m-100m-75m-50m-25m 合計400m

これくらい泳ぐと、さすがに「泳いだ!」という感じがして、身体も気持ち良し。

タイムを上げるための練習よりも、こういう持久力をつける練習のほうが、私は好き。

自分の身体の動かし方に、無理なく合っている。

 

今日のような、競泳のタイムを上げる練習は、本当にきつい。タイムが上がったとしても、ちょっと、体調を崩せば、すぐに元に戻ってしまう。スピードを追求する筋肉の動かし方と、その練習は、自分には合わないし、年齢的にも、ちと、きつい。

25m×4(4種目すべて、タイムを計った)