続☆メンデルスゾーンのはなうた

アマチュアvn弾きの雑記。ピアノと水泳も。

父の帰宅。

令和元年 9月5日 23時37分。

父が永眠致しました。

7月25日から、転院も経て、ずっと入院生活が続いていましたが、父は今、三十代半ばに、自分が建てたこの家に戻り、母が眠っていたのと同じ応接間に、同じように眠っています。家族六人が暮らした家。

 

おかえりなさい。私のお父さん。

 葬儀社の方が帰られて、家の中は今とても静かです。

 

9月18日は、母の4回目の命日。

お母さん、何度もお願いしたのに、お父さんを連れて行っちゃったね。

もう、あちらの世界で、一人でいるのに飽きちゃったんだね。きっと。

 

母が逝き、父が逝き、

不思議なもので、私には、結婚して夫と子供ふたりがいるというのに、

今、猛烈に「たった一人になってしまった」ような感覚に包まれている。

私をこの世に送り出してくれた「あの二人」は、もういない。

父がいなくなることが、こんなに悲しいとは。

泣けてしかたがない。

泣けてしかたがないけれど、私は「喪主」ゆえ、今は「浸って」はいられない。

「凍結」されるまえに、下せるものは下し、午後再びやってくる葬儀屋との打ち合わせに備え、あれやらこれやら用意せねば。

当分は、父関連の事々で忙しく日々が過ぎていくのだろう。

 

2019年9月6日 朝5時