続☆メンデルスゾーンのはなうた

アマチュアvn弾きの雑記。ピアノと水泳も。

先週のvnとpiano

父を介助する生活になってから約3週間。平日は病院、整骨院、歯科、銀行関連への車での送迎、公園やコンビニなどで買い物する際の、歩行介助が中心。他にも、地域 包括センターの担当者や、デイサービス、福祉用具(住宅改修工事)会社の営業の方とのやりとり、水場改修工事などが、急きょ割り込んで予定に入ってくることが多い。平日は、基本的に父の予定が優先に。

 

とはいえ、倒れる前より衰えたとはいえ、父は(まだ)寝たきりになったわけではないので、私のヴァイオリン、近所での水泳は今まで通りできる。ピアノは不定期にして(月謝制をやめ)レッスン時間にこだわらず、空いてる時間帯に入れてもらうことになった。気持ちや身体が疲れている時は、ヴァイオリンよりも、寧ろ、ピアノを練習したほうが、気分転換になる。

 

先週のヴァイオリン

カールF(音階)

自宅での音階練習法を変えてみたところ、調子がよくなった。Fis moll終了。次回からD dur。カールF、残すところH moll、G dur、E mollの3調。長かったけれど、先が見えてきた。もうひと踏ん張り。今年中に最後までいきたい。最後まで到達しても、また最初から何度も繰り返す、一生モノの音階本だけど。

 

BRUCH vn協奏曲(1楽章) 暗譜

 

先週のピアノ

BACH インベンション(二声)14番 初回

MENDELSSOHN 無言歌 ベニスのゴンドラ0p30-6

 

この組み合わせ↑今の私の生活とピアノのレベル的に言って、譜読みに「負担」がかからず最適です。難しすぎず、易しすぎずで、練習もそれなりにして、ちょうどいい感じです。当分この組み合わせでいこうかな。

 

自宅では楽器を弾くことが優先になるので、なかなか改めて、じっくりと一枚(CD)で音楽を聴くことがない。でも、こんな今の日々にこそ、あえて音楽を聴くことが、自分の身体と心の「栄養」になるんだよねぇ。