続☆メンデルスゾーンのはなうた

アマチュアvn弾きの雑記。ピアノと水泳も。

天井がガラス張りでドーム型のpoolに

連休中、普段通っているスイミングプールは一週間閉館になる。私が通う曜日に合わせると、実に九日間も泳げないことになってしまうので、思い立って市民(温水)プールに泳ぎに行ってみた。

なにゆえ、そんな気になったかというと、いつも髪切りで(十年来)お世話になっている美容師さんから、(←仕事のない日は、市営プールで泳いでいるそう。)

 

「市民プールは使用料も安いし、特に昼時は空いてますよ。お薦めです!」

 

という話を聞かされていたからだ。(ちなみに、私が通う美容院は地元ではなく、電車で幾駅か離れたところにある。)

 

いつものプールが休館になった先月29日から、なんだかんだで、今日までに3回、市営(温水)プールに泳ぎに行った。そのうちの1回は、地元市営プールではなく、車でP市にあるプールに遠征した。

 

P市の温水プールは、天井がガラス張りのドーム型になっていて、背泳ぎやクロールで息継ぎする時、青い空と流れる白い雲が視界に入り、最高に気分がいい^^v天気の悪い日や、夜なんかも、雰囲気がガラリと変わって面白そう。

 

市外の人は、市内の人間より、500円余分に入館料を取られるが、その代り、「制限時間」がない。朝9時~夜11時まで、泳ごうと思えば(←そんなに泳げねぇよ・・・^^;)理屈の上では、いつまででも居られるわけだ。

 

地元のプールとP市のプールを比べると、エントランスの売店やプールの「雰囲気」が最高なのは後者。でも、更衣室やシャワー、トイレ等は、地元のプールのほうが、全てにおいて「地味地味」ではあるが、「劣化」が最小限で、手入れが行き届いていたし、「清潔感」があった。市営なので、更衣室の壁など、ある程度の劣化は仕方がないが、意外にも、25年以上経っている、地元プールのほうが、清潔感が保たれていたのが嬉しい。公の場、清潔感が一番大事。

 

無料駐車場に関しても、いつも「空き」があるようで、コインパーキング探しに時間を奪われることがなくて助かる。

先日行った、ガラス張りドーム天井のP市のプールは、プール以外にも体育館、筋トレジムなど、最新施設があるため、その分、利用者も多いのだろう。無料駐車場27台はすでに満車。仕方なく有料パーキングを探して停めた。1時間越えたので、400円かかった。

 

連休が終えても、土日のうち、どちらか一日は、体力気力と相談しながら、地元のプールに泳ぎに行くことになりそう。地元プール、結構気に入ったわ。で、たまに気分転換にP市のプールにも足を運ぼうかな。近隣の市の室内温水プール巡りも悪くない。

 

去年までは、この時期の連休といえば、(子供が小さい時には)家族で出かけたり、子供たちの定期「試験」やら、節目節目の「受験」やら、「就活」の心配等々。

常に「子供」絡みの事々が真ん中にあったが、そういうのはもう、終わったのだ。今年の大型連休は、初めて親としてそんな「物憂い事々」から解放され、気持ちが晴れ晴れとしている(笑)

 

 家族各自がそれぞれに行きたい場に赴き、食事や掃除(風呂、トイレ)も当番制なので気楽だ。

 

私はわざわざ遠出せず。(←私は旅行運がない^^;)遠出して得る刺激は、もうそんなに必要じゃなくなった。近場で身体を鍛えたり、楽器の練習に打ち込むのが、「性」に合ってるし楽しい。