続☆メンデルスゾーンのはなうた

アマチュアvn弾きの雑記。ピアノと水泳も。

他の家族はグリーン島へ(4日目)

三日目、グリーン島(グレート・バリア・リーフ方面)へ、午前中半日観光へ向かった夫、娘、息子。三人は、グラスボートで海中の魚の様子を楽しんだり、娘と息子は、なんと「パラ・セーリングを楽しんだようです!高所恐怖症の私には怖ろしくて無理。

貼り付け失敗^^; ↓

f:id:nino41:20190228213259j:plain

私はホテルでお留守番。三人戻るまで、ずっとTVを観て過ごしました。結構、ヒアリングの良い勉強になったよ^^v

実は私に関しては、オーストラリアは二度目。学生時代にシドニーメルボルンアデレード、G・バリア・リーフは訪れています。(コアラも抱っこ済み)でも、Cairnsはもっと赤道寄りで、世界最古の熱帯雨林があったり、都市部のメルボルンとは雰囲気もまるで違う・・・。

今回、私自身はこのような、想定外のハプニングに襲われてしまい、散々だったけれど、息子が家族のために企画してくれた初めての海外旅行、やはり家族でやって来てよかったと思っています。想い出に残るものとなりました。

息子、ありがとう!君が言い出さなければ、二度と海外には向かわなかったよ!

ハプニングに見舞われた私が言うのもなんですが、オーストラリは、アメリカともヨーロッパとも異なり独特の楽しさがあり、お薦めです。大自然やマリンスポーツ、生き物の面白さ、ゆるい雰囲気もなかなかグッドです。

20代で初めて行った海外がオーストラリア、その後、開発前の上海、西欧諸国(英、仏、伊、スイス、オーストリアポルトガル、西独、スペイン、ギリシャ)、カナダ。

結婚後はぷっつり海外への道は途絶え、26年が経ち、再びのオーストラリアへ。

20代半ばで体験した海外と、50代で体験する海外では、感動の度合いや吸収力は、やはり20代の頃のほうが「どん欲」であり、強いものがあったようです。

現在は、日本の外に出て、新たなものを吸収したい「欲」よりも、楽器の練習や、スイミングで、自分がどこまで挑戦できるのか?そっちのほうに関心が向いているようです。

 

5日目 Cairns 12時15分発→18時45分成田到着